スキルを活かす!在宅できる職種とは

スキルを活かす!在宅できる職種とは

犬とパソコン
「出産をキッカケに仕事をリタイア」
「そろそろ社会復帰したい」

そんな女性にオススメなのが、スキルを活かしたお仕事です。
今までの経験や培ってきたノウハウを活かすことができれば、一石二鳥です。
時給や固定給もスキルに合わせて企業が提示してくるため、物足りないと感じることも少ないようです。

スキル系のお仕事で、求職の多い職種をご紹介します。

タイピング力を活かす!ライターのお仕事とは

「タイピングに自信がある」そんな女性にオススメなのがライターのお仕事です。
すでに会社に勤務した経験があるという女性であれば、即戦力としてやとってくれる会社も多いようです。

案件もさまざまですが、給与も出来高制から固定給まで幅広く求職がでているのも、うれしいポイントです。
業務内容としては、運営社側からのキーワードを取り入れた千文字程度の文書作成から、がっつり三千~五千文字の長文記事をお願いされることまでさまざま。
WEB雑誌やコラムでの連載記事もあるため、子育てに関すること料理、社会情勢など得意なジャンルの募集をチェックしていきましょう。

ライター職の場合、タイピングが遅いとそれだけ納期や書き上げるまでに時間がかかるため、ブラインドタッチができる女性がいいでしょう。

WEBデザイナー

なんだかオシャレな響きですね。
専用の機材さえあれば、日本だけでなく世界各国でお仕事できちゃう将来性が高いお仕事です。スキルだけでなく、センスも必要とされるため、経験者が優遇される傾向が強い職種です。

出産や結婚でキャリアをリタイヤしてしまったという方に是非チャレンジしてほしい職業です。

リモート事務とは

地域の求人でも人気のある事務職。
最近は事務も委託するケースが増えてきました。

エクセルやワードの基本操作はもちろん、事務の種類によっては弥生会計ソフトを使ったことがある人などピンポイントで求職を出していることもあります。

納期が月末というのも多く、プライベートな予定とのバランスを取りながら働けるようです。

プログラマー

これぞ専門職といった感じなのがプログラマーです。
高いスキルを求められるため、高収入な案件も多い反面、長いことIT業界から離れていたひとにとっては復帰が難しいのも特徴です。

一年ごとに変わる言語に対応しなければいけないにも関わらず、2~3年も空白期間があるとなれば、すこし勉強も必要になってくるジャンルでもあります。

とはいえ、本業として十分にやっていける収入もあるため期待値も大きい職種といえます。